横浜市のペット葬儀なら自宅火葬の「横浜いのりペット葬儀」へ

火葬料金

横浜いのりペット葬儀ではご返骨のプランを下記の料金にて承っております。

小動物
7,000円~


16,000円~


16,000円~

大型犬、中型犬、小型犬、猫だけでなく、小鳥やハムスターなどの小動物やフェレット、ウサギにも対応しております。
出張費・訪問費など火葬料金の他に料金は一切かかりません。
格安料金にてお手伝いさせていただいております。

詳細はこちら

お別れから
火葬までの流れ

移動火葬車でご自宅にお伺いします。
横浜いのりペット葬儀の火葬車は完全個室火葬です。また、火葬車は無煙・無臭でご近所様にはご迷惑がかかりません。
また、火葬車には社名が入っていない為目立ちません。

対応地域横浜市

天国でまた会おうねと
いう気持ちを込めて・・・

数々の思い出を、一緒に作ってきたご家族。
これ以上ない愛情を注いだペットちゃんだけれど、お別れの日がやってきました。
この子に、きちんとお別れをしたい。そう思われるのもご無理のないこと。
お見送りはとても悲しいものですが、思い出のアルバムの最後のページをきちんと閉じてあげることが、旅立つペットちゃんにしてあげられる最後のことです。
ご家族様の気持ちに寄り添い、真心を込めてペットちゃんのお見送りをお手伝いさせていただきます。

横浜いのりペット葬儀は頼りになる葬儀社です。

横浜いのりペット葬儀は、ペット供養専門事業者が経営管理するご葬儀サポート会社です。
大事なお仔様のご葬儀を、わたくしたちが真心を込めて行います。
横浜にのみ拠点をおいて展開しております。

24時間対応

訪問ペット火葬のご案内

私たちは、火葬装置を実装した専用の自動車により、ご自宅またはご近所近辺のマッチした場所でお見送りをして頂く訪問ペット火葬サービスを行ないます。
完全個別に火葬を行なわせて頂きご返骨をするプランや、火葬の後に粉骨パウダー加工させて頂くプラン等ご要望に合わせご準備しております。
希望に沿ったプランや日程を電話にてお申し付けいただけます。
ご予約やお問い合わせはお電話にて24時間365日承っております。

粉骨サービスのご案内

ホームページからのお申し込みでご自宅などのご希望の場所まで配送を行なっています。日本全国に対応しています。どうぞお気軽にお問合せ下さい。

横浜市を中心として
訪問ペット火葬を承ります。

横浜市( 横浜市鶴見区 横浜市神奈川区 横浜市西区 横浜市中区 横浜市南区 横浜市港南区 横浜市保土ヶ谷区 横浜市旭区 横浜市磯子区 横浜市金沢区 横浜市港北区 横浜市緑区 横浜市青葉区 横浜市都筑区 横浜市戸塚区 横浜市栄区 横浜市泉区 横浜市瀬谷区 )

とても丁寧な火葬

煙を発生させない環境を意識した火葬炉によって、綺麗にお骨が残存するために、懇切丁寧できちんと調整を行っております。

わたくしたちは、ペットを専門にした
火葬・粉骨のサービスをご提供しています。
誠心誠意をこめてサポートします。

長い間、家族と同じように生活して来られたかわいいペットちゃんを、飼い主様と思いやりを持って見送ってあげられる様に、スタッフ皆が誠心誠意をこめたサービスをご提供しています。火葬・粉骨サービスなどのお問合せにすべてご返答致します。

わたくしたちは、犬・猫・フェレット・ハムスター・小鳥などの火葬・粉骨をアシストしています。ちっちゃな小鳥から大型犬に及ぶまで温もりあるご供養のお手伝いさせて頂きます。
最高の想い出を残してもらったとって大切なペットの火葬を、7,000円よりお受けして居ります。
且つ、ご家族による安置するためのノウハウ等のアドバイスも実施しており、完全個別火葬でのプランをご準備していますので、ご家族様にマッチしたプランを選択してください。
心の中を癒してくれた犬・猫の火葬を信念のあるサービスでお手伝いさせて頂きます。
ご家族の一員として、心の癒しをくれた事に、感謝を込めて最期の時間を見送ってあげていただくことができます。
飼い主様のご要望に基づいて、火葬をお手伝いさせて頂きます。
ご不明な点などは気兼ねなくスタッフにご相談下さい。親切丁寧にご対応させて頂きます。

私たちは亡くなられたお子様においてはご家族様の近いところでこれから先も一緒になって暮らしてもらいたいというような思いから相応の歳月はご霊園等には預けず、お手元供養を行っていただけたらと考えております。
手元供養というものは自宅や身近な場所に遺骨の全てもしくはいくらかを保持して供養する手段です。
手元供養が考案されたのは2000年頃に入った後からで、割りと目新しい供養形式です。手元供養が拡がった背景として、ふる里にあるお墓を引き継ぎすることができない、お墓を持っていない、マンションやアパートといった生活スタイルなので仏壇を置けるスペースがな無いというご家族構成や住宅などの環境の変遷が理由になります。
そのため、遺骨をお墓に安置しないでご自宅に保管する、他には身に着けてられるように手を加えて携帯する等といった身の回りで管理を行う手元供養を選ぶ人が増加しているというわけです。
日本国内の文化様式では、遺骨は四十九日迄に納骨するということが一般的と言えます。
昔だとしたら、遺骨はお墓に入れるということが至極当然と言われていました。
「納骨をしなければ成仏することが難しい」といった意見も見受けられますが、この点は作り話でありまして仏教のとらえ方から考慮しても納骨しなければ成仏出来ないということではないのです。
遺骨の取扱いに関しましては、「墓地、埋葬等に関する法律」で規定されています。いざ埋葬する時には、あらかじめ国や都道府県に許認可が既にされている正式な墓地においてのみ許可されます。
勝手にどこかの場所を掘り起こして埋葬することは違法になりますが、遺骨を絶対に墓地に埋葬しないといけないとは決まっていません。
ご自宅や仏壇に安置して供養おこなうことは国の法律上何の問題もありません。
ここ数年、手元供養を選ぶ人が増加していますのは、ただ単純に「お墓をもっていないから」、「お墓が近くになく遠くにあるから」という根拠だけではないのです。
お墓に遺骨を納めずご自宅で管理する、遺骨の一部分を身に着けておくことによって、故人を間近に感じ、日常の生活サイクルの中において故人を懐かしみ、偲ぶことができるでしょう。

お知らせ

お知らせ一覧 »

ブログ

ブログ一覧 »