ブログ

ペット 火葬 安いに関しての限定サイト。ペット 火葬 安いの最新情報を掲載。

横浜いのりペット葬儀

葬儀式・お葬式

ペット火葬・霊園
トップ
葬儀式・お葬式
ペット火葬・霊園
家族のメンバーとなる大事なペットが亡くなった場合

ペット火葬・霊園

家族の一員としていたわっていたペットとの死別はすごくキツイものとなります。
これまでのいろいろな思い出と感謝の意を以って、ラストを飾ってあげたいものです。

ペット火葬のタイプ
ペット火葬の費用
霊園・墓地・納骨堂にあたって
ペットが亡くなったら
一つ目にやってあげる事
配慮・確認することが肝心なこと
よく見かける質問事項
ペット火葬のタイプ
大事なペットが亡くなってしまった時は火葬をする事で供養いたします。
ペット火葬を取り行っている葬儀社に連絡をして申し込みます。ペット火葬は往々にして以下の4つの火葬方法があげられますから、どのような方法で愛するペットを送り出すのか熟考しておいた方が良いでしょう。

合同火葬
合同火葬はよその家の合同火葬をご要望されているペットと一緒に火葬いたします。ペットの遺骨は合同納骨所に納骨されることになります。
個別(一任)火葬
合同では無くて、個別に火葬して貰う方法です。一任火葬とも称されており、遺骨は納骨か返骨を選択できます。
立会火葬
立会火葬はご家族立会の下、火葬場において別れの挨拶・火入れ・骨上げ迄すべてに参加できるようになっている火葬方法です。個別火葬と同じく、納骨又は返骨を選べます。
訪問火葬
移動火葬車が自宅(又は自宅近隣)に訪問して、実装されている火葬炉で火葬する方法です。業者毎には納骨か返骨を選択できます。
ペット火葬の費用
ペットの火葬料金は主としてペットのサイズ(ウェイト)、火葬のタイプごとで違ってきます。大きいペットである程料金がアップし、火葬は合同葬と比べて個別、そして立会の場合費用の懸念が大きくなります。以下料金表はあくまでおおよその料金になります。読経、納骨、返骨等といった料金は入っておりませんので、はっきりした費用に関しましては直にペット葬儀施設にお問合せください。

小動物~小さめの犬のペット火葬費用
~2kg 2~5kg 5~10kg
小鳥、ハムスター、リス、モルモット、フェレット等 猫、ウサギ、超小型犬(チワワ、トイプードル、ポメラニアン等) 小型犬(コーギー、ミニチュア・ダックスフンド、ビーグル等)

火葬 5,000円~

中型犬~超大型犬のペット火葬費用
10~25kg 25~40kg 40kg以上

中型犬(柴犬、フレンチブルドッグ、ダルメシアン等) 大型犬(ラブラドール・レトリバー、秋田犬等) 超大型犬(土佐犬、グレートデン、セントバーナード等)

火葬 19,000円~

霊園・墓地・納骨堂につきまして
人と同じでほとんどのペット霊園においては、お墓や納骨堂の墓参りはいつでもできるでしょう。きちんと読経をしたり、合同慰霊祭をやってもらえる所もありますから、霊園を探しだす際には納骨堂の有るか否かやサポートの全容も確認しておくことが大切です。 ペットを供養し、墓参りするための施設ならば、一般的に見てペット霊園等以下のタイプが挙げられます。

ペット霊園
個別霊園
人の墓地やお墓と同じく、ペット個別の墓地や墓石があります。1年365日お線香をあげに通うなど、お花を立てて供養可能になります。一番お望み通りの供養方法ですが、年間継続管理費用等必要となるため、個別霊園は費用が上がります。
共同霊園
たくさんのペットと一緒に埋葬いたします。多くの場合は大きな供養塔やお墓が建っております。個別の墓地や墓石はありませんけれど、1年365日お線香をあげに行くなど、お花を立てて供養可能となります。ペット火葬の費用に盛り込まれていることなども多く、個別霊園と比較してみて費用がずいぶん下げられます。
ペット納骨堂
ペットの画像やペットが好きでしたオモチャなどを飾り付ける事が出来て、納骨堂のタイプについてはコインロッカータイプや棚タイプ、個室タイプなどが見受けられます。一般的には49日、1年、5年等といった期限付きで、写真を立てる供養、位牌供養等お手軽なものから高価な霊座式のタイプ迄料金に伴って選択する事が出来ます。

ほかにも、山や海にわたるペットの散骨(山林葬、海洋葬)や樹木葬、お花畑葬等々の新しいペット葬儀、供養の方法が現れています。愛情を胸に接したペットにふさわしい方法で悼んでいただきたいです。

ペットが亡くなった際に、ご家族がやって挙げられる事
家族の一員として大事にしていたペットとの死別はすごくつらいと考えます。
これまでのいっぱいの思い出と感謝の意を以て、最期を飾ってあげたいものです。

亡くなった際には、先ずやってあげることがあります。

部屋を取り決めて安置します
遺体を安置してあげたほうが良いでしょう。ペットから見れば一番に居心地の良かった
安心できる部屋でマットやクロスなどを敷くか、入れもの等に入れて安置いたします。
部屋の中でも直射日光の当たらない適切な温度で風通しが良好なポジションがお薦めです。死後硬直がすぐさま始まりますので、ペットが亡くなったら足を曲げてあげて、リラックスしている時という様な楽な姿勢に変えてあげます。前足やうしろ足が強張ってしまうと棺に収まらなくなることもあり得ます。
体をキレイにする
人と同じで、まぶたや口を閉じ、日常愛用していたブラシで毛並みや尻尾を綺麗にします。濡らした布等を使って身体全体を優しくふきとっていきます。体より出血されたり体液がにじみ出すことがおきますので、先だってシートを広げて、きれいにしてください。程度それぞれによりその個所にガーゼや脱脂綿などを詰め込んで状況に応じて交換してください。時間と共に安定してきます。
オーナーに行なえる最期のケアなので、声がけしたりしつつゆっくりと真心込めてきれいにしましょう。
体をアイシングする
保冷剤や氷をタオルに包みこんでおなかを主としてアイシングします。暑い季節は最もカラダの痛みが早いので冷房等も活用してカラダをクールダウンしてください。保冷剤や氷は気温に合わせ交換します。
心の中に1つのけじめがついた時に、ペット火葬を用意している葬儀屋さんに連絡いたします。
愛しいペットを火葬して貰うところになるので、最期をきっちりと送り出せる葬儀社をセレクトしてください。

ペット火葬 確認・注意しなければならない事
粗悪な業者に用心!
昔、移動火葬車で依頼主宅まで訪問した専門業者が、ペットの遺体を焼却炉に入れたあとから数十万円の高い料金を請求しトラブルになってしまった事案などがあります。当然ですがおおむねは善良でペットを思った愛情がある事業者ですが、いくらかペットへの愛情を踏みにじる粗悪な業者のある状況も現実なのです。

被害に見舞われないために、チェック・注意しなければならない事
お願いをする葬儀社は信用がおけて、あれこれ質問に応えて貰えますか?
あまりわからない葬儀社に任せる場合は、対応が適切で礼儀正しいか、身だしなみや見かけやエチケットをわきまえているか、話に一貫性があるのかなどというような、基本にある対応が出来ているか確認することが重要です。
できることなら2カ所以上の葬儀社にTELして対比させ、信頼できるところにお願いしてください。
火葬や納骨の順序や方法をきちんと確かめましたか?
火葬を任せるときはどのあたりで火葬するのか、遺骨は返骨してくれるのか、確かめるべきです。
合同火葬だとしたらそのまま埋葬されてしまうので、前もって把握しておくことが大切になります。
遺骨を返骨してもらう場合、納骨はどのようにするのか、確認しておくように心掛けましょう。
前もって料金を確認しましたか?
金銭トラブルの被害にあわないようにするため、お見積もり書等料金の確認できる物をもらってください。
金額の内訳が分からない場合はきっちり確認して、総額はいくらなのか、どんなところに別枠料金を要するのか、承知の上でお願いしましょう。
何かしらのトラブルに巻き込まれた場合、都道府県や市区町村等に設営してある「消費生活センター」「消費者生活相談センター」にTEL、ご相談していただくことができます。

ペット火葬・霊園 よく見かける疑問
ペットが亡くなってしまった。どうしたら良いでしょう?
大切なペットが亡くなり大きなダメージと喪失感で如何にすればいいのか困惑されるかもしれないですね。しかしながら大切なペットのため素敵な最期を飾ってあげていただきたいです。ファーストステップとして安らかなスタイルで安置しましょう。
ペットをお庭に埋葬しても問題ないでしょうか?
ペットの遺体は廃棄物の処分並びに衛生に関係する法律第2条第1項、第2項それにより一般廃棄物と法的に言われています。保健衛生上、火葬して埋葬するというのが良いです。
ペットの火葬費用は如何ほど必要になるのでしょうか?
ペットのサイズ、火葬方法によって違ってきますのでペット火葬の費用を確認することをお勧めします。
どんなペットでも火葬可能でしょうか?
鳥類、爬虫類、両生類、魚等対応可能な葬儀設備も存在します。
利用出来る動物につきましては葬儀施設にじかにお問合せください。
犬が亡くなったらお知らせは必要ありますか?
犬じゃないペットに対しては市区町村の役場への届出の必要は無いです。
けれど犬のケースでは届出が義務化されているので、登録している役場へ資料を提出しましょう。詳細については管轄の市区町村役場へご相談下さい。
ペット火葬・霊園施設を探す