ブログ

ペット葬儀で避けるべき花の種類は?ペット葬儀弔問のマナー

ペットの葬儀には、避けるべき花の種類があります。スムーズにペットを送り出すためにも、葬儀に関するマナーについて理解しておきましょう。どのような花は避けたほうがよいのかについて詳しくご紹介いたします。

トゲのある花には要注意

人間の葬儀で避けられているのと同じく、ペットの葬儀でもかつてはトゲのある花は避けられてきました。しかし近年ではトゲのある花も使われることが増えています。ペットの葬儀ではカラフルで可愛らしい花が好まれる傾向にあるため、バラのようにトゲがあっても可愛らしい花は比較的人気だからです。ただしトゲがあるままの状態で葬儀に持って行くのはおすすめしません。花屋で購入する場合は、トゲを抜いてもらいましょう。ペットの葬儀に持って行く旨を伝えれば、対応してくれるはずです。人間の葬儀と異なり、ペットの葬儀に持って行く花に関して厳しいマナーは求められません。最低限気を付けるべきことに注意すれば、問題なくペットを見送れるでしょう。

造花の場合は一緒に火葬できない可能性がある

造花は火葬できない場合があるので、避けたほうがよいでしょう。紙でできていれば問題ありませんが、中には燃えない材質のものが存在します。葬儀に持って行くお花は、棺に入れて一緒に火葬するケースがほとんどのため、燃えないものは棺に入れられないのです。同じ理由で、おもちゃやお菓子も入れられないものがあります。特にビニールでできたおもちゃや缶のお菓子は燃やすことができません。天国でも遊べるように、おいしいご飯が食べられるようにしたい場合は、燃えるものの中から選びましょう。棺に入れる花は造花でなく、生花にしてください。生花であれば燃やすことができ、気持ちよくペットを送り出せます。花は火葬時に燃やせるものを選ぶのがポイントです。

迷ったら花屋に相談しましょう

ペットの葬儀で避けるべき花の種類としては、造花とトゲのある花が挙げられます。造花ではなく生花を選び、トゲのある花を持って行きたい場合はトゲを抜けば、基本的には好きな花を持って行くことが可能です。ペットに似合う花や思い出の花を選びましょう。どんな花を持って行けばよいかわからない場合は、花屋に相談するのが一番です。オーダーすれば、ペットのイメージに合う花をまとめてもらうこともできます。気になることや迷うことが生じたら花屋に尋ねましょう。
横浜エリアでペットをお見送りする際は横浜いのりペット葬儀にお任せください。横浜いのりペット葬儀は、横浜エリアでペットをお見送りするお手伝いをしております。