ブログ

猫用のおすすめシャンプー|飼い猫の好みに合わせてチョイス

ペットを飼っている場合、そのペットの健康状態に気を付けることも飼い主としての務めと言えるでしょう。体調管理はもちろんのこと、ペットを清潔な状態に保ってあげなければいけません。そのためにも、定期的にお風呂に入れシャンプーをしてあげることは必要です。そこで今回は、猫用のおすすめシャンプーについて紹介いたします。

微香性・無香料のシャンプーは猫のストレスが少ない

お風呂に入るという観念がない猫にとって、シャンプーで洗われることは大きなストレスかもしれません。しかも、猫はもともとにおいに敏感な生き物なので、シャンプーの強いにおいは猫にとっては迷惑でしかないでしょう。そこでおすすめなのが微香性や無香料のシャンプーです。できるだけにおいを抑えたシャンプーで洗ってあげるなら、猫の負担を少しでも軽くしてあげることができるでしょう。猫のなかには、少しのにおいでさえ嫌がる子もいますので、特にお風呂上がりの様子に注意して、においを嫌がって体をこすりつけている仕草を見せたら、一度無香料のシャンプーを試してみることをおすすめします。

猫にとっては低刺激のシャンプーがいい

猫の肌の厚さは人間の半分以下と言われています。ということは、それだけ刺激にも弱いということです。ですので、猫のなかには皮膚炎になってしまう子や、アレルギー性皮膚炎になってしまう子もいます。そのような猫にとってシャンプーは、刺激となり負担になってしまうことでしょう。特に、皮膚疾患をもっている子や免疫力が低い子にとっては、使うシャンプーに十分気を付けてあげる必要があります。たくさんあるシャンプーの種類のなかから、低刺激のものや皮膚に負担をかけない自然成分配合のものを選んであげてください。普通のペットショップで見つけることができない場合は、動物病院で猫の肌にとって負担の少ないシャンプーがあるかを相談してみましょう。

飼い猫の水の得手・不得手によっても種類を変える必要がある

猫によっては、水自体が苦手でどうしてもお風呂に入るのを嫌がる場合もあるかもしれません。そんな時に使うことができるのがドライシャンプーです。ドライシャンプーは、水を使わなくても汚れを落とすことができるシャンプーです。普通のシャンプーのように液状や泡状のものもあれば、パウダー状のものもあります。水嫌いの猫への負担を少しでも軽くしてあげるためには、ドライシャンプーを使うことは選択肢の一つかもしれません。このように、猫の得意・苦手を飼い主が良く理解してあげて、ストレスを最低限に抑えて体調管理をしてあげることがポイントといえます。

横浜エリアで猫を飼っているなら、シャンプーなどのケアにも気を配りましょう。
またもしもの為に、横浜でペット葬儀が可能な施設をチェックしておくこともおすすめします。