ブログ

おすすめのペットホテルの特徴|安心して預けるための判断材料はどこにある?

同じペットホテルでも、優良なペットホテルもあれば、環境面や運営面で質の悪いペットホテルもあります。間違って後者のペットホテルを選んでしまうと、大切なペットに万が一のことが起こる可能性があります。そのため、ペットホテルは慎重に選ぶことが必要です。今回の記事では、優良ペットホテルの見分け方のポイントについて解説いたします。

保管許可書があったうえで運営している

横浜エリアでペットショップを探す場合は、まずはこの点を確認しておきましょう。ペットホテルを開設し、営業を行うには、市町村に申請をして「保管許可書」を取得する必要があります。ペットホテルというのは生き物を扱う業務なので、設備面や衛生面、規模やスタッフの数などで一定の条件をクリアしないといけません。条件をクリアして初めて保管許可書を取得できますが、なかには認可を得ずに営業しているペットホテルもあります。

保管許可書を取得せずにペットホテルを営業すると、法律に違反することになります。ほとんどのペットホテルでは、ペットホテル内に保管許可書を掲示していますが、もしも保管許可証が掲示されていない場合は、保管許可書があるかどうかをスタッフに確認しましょう。

建物内に24時間スタッフがいる

ペットホテルの営業形態や運営方針は、それぞれのペットホテルによって異なります。ある一定の時間はスタッフが駐在しないホテルもあれば、24時間体制でスタッフが駐在しているホテルもあります。ペットホテルを選ぶ際は、できるだけ24時間体制でスタッフが駐在しているペットホテルを選ぶようにしましょう。

ケージの中で管理されているとはいえ、スタッフがいない時間帯に何が起こるかは予測ができません。スタッフがいない時間帯に急病を発生する可能性もありますし、過去の事例でスタッフが朝出勤したらペットが死亡していたというケースもあります。万が一を考え、建物内に24時間スタッフがいるペットホテルを選ぶのがベストな選択といえます。

預けたペットの様子を確認できる

近年は、遠隔操作で預けたペットの様子をチェックできるペットホテルも増えました。WEBカメラが設置されているペットホテルであれば、リアルタイムでペットの様子を確認できます。

WEBカメラがなくても、ペットの写真を撮ってメールで送ってくれたり、LINEでペットの様子を教えてくれたりと、ペットホテルによって提供されているサービスもさまざまです。愛するペットの様子を確認するためにも、こうした優良サービスを提供してくれるペットホテルを選ぶようにしましょう。

横浜エリアには優良ペットホテルが様々あるので、長期間家を空けることがあっても安心です。大切なペットに万が一のことがあったときのことを考え、ペット葬儀と火葬が可能なサービスもチェックしておくことをおすすめします。