ブログ

ペット葬儀の葬送3パターンまとめ|種類別のメリットを紹介

大切なペットとのお別れ、考えるだけで胸が締め付けられますね。お別れの仕方に後悔を残さないようどのような方法があるのか調べておくと安心です。一般的な火葬や葬儀の他に、どのような葬送のやり方があるのでしょうか。

自然葬送の種類

昔、持ち家でペットを飼っていた時代には、ペットが亡くなって庭に埋葬したという方もいるかもしれません。土葬の他にも木の根元に土葬する樹木葬、海や川に流す水葬や遺体を自然の中に安置する風葬、鳥獣に処理させる鳥葬など、遺体の処理自体を自然に任せる葬り方を「自然葬送」といいます。自然葬送は、野生動物の死骸が土に還っていくイメージに近いともいえるでしょう。現代では自然葬送は難しいですが、持ち家で埋葬するのがハムスターや小鳥などの小動物であれば土葬することができます。庭に埋葬してしまうと蛆がわいてしまったり、他の動物に掘り返されてしまったりする心配があるからです。また、自分の土地以外に埋めてしまうと、法律違反になってしまうので注意するようにしましょう。

人為的自然葬送の種類

人為的自然葬送は、人の手で遺体を自然に戻す方法です。火葬で残った遺骨を土葬したり、粉砕し散骨したりすることが一般的でしょう。火葬の他に遺体の処理を鳥獣に任せる鳥葬があり、ハゲタカなどの肉食の鳥獣に遺体を食べさせます。一般的な散骨は、具体的には墓標に見立てた特定の樹木(シンボルツリー)の周りに散骨する「樹木葬」、粉状に粉砕した遺骨を沖に撒く「海洋葬」の他に、山や森などに撒くなどです。人間の遺骨を散骨する場合には、死体遺棄罪にならないようしっかり粉砕すると共に、私有地に散骨するとしてもその横浜の条例をチェックした上で法律に違反しないことを確認しなければなりません。ペットの散骨についても、同様の注意が必要です。

その他の葬送の種類

自然葬送、人為的自然葬送の他の葬送の種類として、人為的保存葬送があります。一般的ではありませんが、乾燥させて保存するミイラ葬、冷凍して保存する冷凍葬、生きたままの見た目を保つ剥製葬などです。人為的保存葬送は、生きている時と同じ姿のペットが目の前にいるために、ペットの死を受け入れる過程がうまくいかなくなる可能性もありますので、よく検討してから決めるようにしましょう。大切なペットとのお別れというのは、辛く悲しいものです。横浜でペットとのお別れ方法でお悩みなら、横浜いのりペット葬儀へお気軽にお問い合わせください。