ブログ

ペット葬儀の際に棺の中に入れていいもの・入れてはいけないもの

大切なペットのお見送りに飼い主さんはきっと、ペットが愛用していた品を棺の中に入れて上げたいと思われるでしょう。実は、お棺の中に入れていいもの、いけないものがあります。ここではペット葬儀についての説明と、葬儀を依頼する際におすすめの横浜でペット葬儀について相談できる会社を確認しておきましょう。

ペット火葬で棺に入れていいもの

家族同様、ペットとのお別れに飼い主さんは心を込めた葬儀を執り行いたいと思われるでしょう。最近ではペットの火葬も一昔前と比べて一般的になりました。人の葬儀同様、ペットの葬儀にもお棺の中に思い出の品々を入れてお見送りしたいですよね。愛するペットの写真や、生前好きだったごはんやおやつなどをお棺の中に入れる方が多いようです。実は、ペットの火葬の際、棺の中に入れてよいものと悪いものがあります。お棺の中に入れられるものは、火葬をしてもペットのご遺体に影響のないものに限られます。食べ物はパッケージに入ったままはNGです。天然素材や布製のものであれば、生前ペットが大切にしていたおもちゃやブランケットなどを入れることが可能です。

ペット火葬で棺に入れてはいけないもの

一緒に火葬してご遺体に影響を及ぼすものは、お棺の中に入れられません。プラスチック製やビニール製のものは、燃やすとご遺体に影響を及ぼす可能性があります。ビニール製のおもちゃやボール、プラスチックや陶器のごはん茶碗、さらにペットが身につけていた首輪もお棺に入れることができないケースがあります。食べ物も、缶やパッケージに入ったままのものをお棺に入れることはできません。葬儀会社によっては少量であればティッシュにくるんで入れるなど、工夫すればOKというところもあるので、ご不明な場合は葬儀会社に直接お問い合わせください。

ペット火葬の方針で悩んだら葬儀会社に相談を

家族同様、大切なペットの旅立ちを、心を込めた葬儀でお見送りしたいと思う飼い主さんは少なくありません。近年は、ペット葬儀も多様化しており、さまざまなサービスが提供されています。愛するペットにふさわしい葬儀でお見送りしてさしあげましょう。ペットといえども大型犬から小型犬、猫だけではなく鳥やハムスターなどの小動物の葬儀も執り行なわれています。規模の大小をふくめ、どのような葬儀を執り行うか、お悩みになったらぜひ葬儀会社にご相談ください。横浜いのりペット葬儀はお客様がご納得いただけるサービスを提供させていただきます。ペット葬儀でお困りのことがあれば、横浜の横浜いのりペット葬儀へご用命ください。