ブログ

ペットの葬儀におすすめの花を紹介!庭の花や濃い色の花には要注意

家族の一員であるペットにはいつまでもずっと元気で一緒にいたいと思うものですが、いつかは別れのときが来ます。そうなったとき、飼い主の最後の義務としてペットの葬儀や火葬で見送ってあげることが大切です。ペットが寂しくないように、お気に入りだったおもちゃやお花を入れてあげることもできます。今回はその際の注意点を確認しておきましょう。

ペットの場合は仏花にこだわりは不要

人間の場合は、通夜や葬式に使うことができる花には決まりがありますが、ペットの場合はそこまで細かく気にする必要はありません。本来花の種類が決まっているのは、葬儀が宗教的な意味合いが含まれていることが多いからです。宗教によっては控えるべき花がありますので使う花には注意しなければいけませんが、ペットに宗教は関係ありません。白菊や百合といった仏花でなければ!とこだわるのではなく、ペットの好きだった花やイメージにあう花を入れると良いでしょう。庭で遊ぶことが好きだったペットであれば、庭に咲いている花を選ぶなど、仏花よりペットとの思い出の花をぜひ入れてあげてください。

ペット葬儀におすすめの花の種類と特徴

ペットの葬儀のために花を入れてあげる際に、どの花にするのか迷ってしまったなら次のような花はいかがでしょうか。まずは、カーネーションです。カーネーションは比較的どの季節であっても手に入れられる花です。カーネーションは色の種類も豊富なので、ペットのイメージにあった色を選んであげることができます。カーネーションの花言葉が「無垢で深い愛」というもの最愛のペットにぴったりです。次に、ガーベラもおすすめの花です。ガーベラもカーネーション同様たくさんの色がありますし、華やかな印象でペットを飾ってあげることができるでしょう。ピンクのガーベラの花言葉は「感謝」なので、これまで一緒にいてくれた感謝の気持ちをペットに伝えることができます。

棺に入れないほうがよい花

ペットの棺に入れる花で避けたほうがいいのはどのような花があるのでしょうか。まず色の濃い花をたくさん入れると、お骨に色がうつってしまう可能性があります。火葬後のお骨を綺麗な状態で保ちたいと思う場合は、濃い目の花は少しだけにしましょう。また、つぼみの状態の花よりも綺麗に開いた状態の花を入れてあげると、あの世に華やかに送り出すことができると言われています。また、庭に咲いている花を入れるのであれば、きれいに乾燥した状態で入れてあげるのがおすすめです。これは湿気や虫によって遺体が傷んでしまう可能性があるためです。もし横浜にお住いの方で、ペットとのお別れ方法でお悩みなら、横浜いのりペット葬儀へお気軽にお問い合わせください。