ブログ

ペットと一緒のお墓に入りたい!法律や一緒に入るための供養方法を解説

人間であっても動物であっても死は必ず訪れます。まるで自分の子どものように可愛がっていたペットに死が訪れた場合、できることなら一緒のお墓に入りたいと思う人もいるでしょう。果たしてそのようなことは現実的に可能なのでしょうか。

ペットと一緒のお墓に入るのを禁止する法律はない

以前はペットが亡くなって火葬をした場合、遺骨は共同慰霊碑などで供養するという方が多かったかもしれません。しかし、昨今のペットブームで、まるで人間のように遺骨を持って帰り、供養する人が増えています。そうすると、その持ち帰った遺骨を可能であれば自分と一緒にお墓に入れて欲しいと考えることもあるでしょう。法律的に考えると、人間とペットが一緒にお墓に入ってはいけないという法律はありません。

宗教や倫理的に一緒のお墓はNGという場合もある

人間とペットを一緒のお墓に入れるのをNGとしているのは、宗教的や倫理的な問題であることが多いです。仏教では人間以外の生き物は「畜生」に分類され、畜生は人間よりも下と考えられています。生前に悪い行いをした場合、人間ではなく動物として生まれると信じられているのです。そのため、そのような動物と一緒に埋葬することはふさわしくないと考えられています。また、そもそもの人間と動物では法律での扱いが大きく異なります。動物の場合、死んでしまったあとは「廃棄物」として処理されます。そのため、本来ならば廃棄物として処理されるペットと一緒のお墓に入ることに抵抗を感じる人がいることも事実なのです。

ペットと一緒のお墓に入る方法は樹木葬くらいしかない

ペットと一緒のお墓に入ることは、なかなか難しいと感じるかもしれませんが方法が全くないわけではありません。その方法は樹木葬です。樹木葬は、墓石の代わりに樹木を植えることによって埋葬する方法です。核家族が増え、将来的にお墓を見る人がいないから、また残された家族の負担になりたくないからという理由でこれまでとは異なった埋葬方法が増えており、樹木葬もそのひとつです。実際に樹木葬を行っているところでは、ペットと一緒でもOKという墓地があります。ただ、すべての区画がOKというわけではないので、あらかじめ確認することが必須です。一緒にお墓に入れる可能性が少しでもあるならぜひ!という方は、樹木葬を検討してみるとよいでしょう。横浜でペットの火葬や葬儀についての疑問は横浜の横浜いのりペット葬儀にお気軽にご相談ください。