ブログ

横浜でペットが行方不明!飼い主が取るべき対処法

行方不明になってしまったペットを見つけるためには、飼い主ができるだけ早く必要な対処をすることが不可欠です。ここでは横浜エリアでペットが行方不明になってしまった場合にも有効な対処法をご紹介します。

まずは近所を捜索する

ペットが行方不明になってしまったら、まずは周辺を捜索してみましょう。特に臆病なペットの場合、付近の安全な場所に身を隠していることもあるため、飼い主が名前を呼び掛けながら捜索をするのが有効です。

また、ペットは花火や雷の音などに驚き、パニックに陥った状態で家を飛び出し、行方不明になってしまうケースもあります。このようなケースでは音がする方角とは逆の方向に向かって逃げることも多く、この理論をもとに捜索場所を決めるのもよいでしょう。

このような捜索はできるだけ大人数で行ったほうが効果的です。家族や友人などに協力をしてもらいましょう。また、普段の散歩コースや他の犬や猫がいる場所(特に発情期の場合)を中心に探してみるのも有効です。

警察・保健所・役所などに連絡する

ペットが行方不明になってしまった場合、捜索をすると同時に警察や保健所、役所などへ連絡を入れることも忘れないようにしましょう。

例えば明らかに人に飼われていたと思われる犬や猫が保護された場合、警察で遺失物として保護されることもあります。ペットが行方不明になったときに警察へ連絡を入れておけば、ペットが遺失物として届けられた段階で警察側が連絡をしてくれるかもしれません。

また、保健所ではペットの迷子届けを受け付けており、保護届けがあるとペットの特徴などを照合した上で連絡をくれることもあります。その他、役所には動物の交通事故に関する情報が入るため、同様に連絡を入れておくとよいでしょう。

近隣の住民に呼びかけする・貼り紙を作成する

特に警戒心の強いペットは家を飛び出しても遠くへは行かず、近隣に身を潜めているケースも少なくありません。そのため、近隣の住民に呼びかけをしておけば、誰かが見つけて保護をしてくれる可能性もあります。

また、人見知りをしないペットの場合、見つけた人がそのままペットとして飼ってしまうというケースもあります。このようなことを防ぐためにもできるだけ近隣に住民には呼びかけをしておいたほうがよいでしょう。呼びかけをする方法としては貼り紙をするのが有効ですが、場合によってはSNSなどを活用してみるのもおすすめです。

葬儀や火葬に限らず、横浜エリアでペットに万が一のことがあった場合は、横浜いのりペット葬儀がお力になります。

行方不明になってしまったペットを見つけるためには、飼い主ができるだけ早く必要な対処をすることが不可欠です。ここでは横浜エリアでペットが行方不明になってしまった場合にも有効な対処法をご紹介します。

まずは近所を捜索する

ペットが行方不明になってしまったら、まずは周辺を捜索してみましょう。特に臆病なペットの場合、付近の安全な場所に身を隠していることもあるため、飼い主が名前を呼び掛けながら捜索をするのが有効です。

また、ペットは花火や雷の音などに驚き、パニックに陥った状態で家を飛び出し、行方不明になってしまうケースもあります。このようなケースでは音がする方角とは逆の方向に向かって逃げることも多く、この理論をもとに捜索場所を決めるのもよいでしょう。

このような捜索はできるだけ大人数で行ったほうが効果的です。家族や友人などに協力をしてもらいましょう。また、普段の散歩コースや他の犬や猫がいる場所(特に発情期の場合)を中心に探してみるのも有効です。

警察・保健所・役所などに連絡する

ペットが行方不明になってしまった場合、捜索をすると同時に警察や保健所、役所などへ連絡を入れることも忘れないようにしましょう。

例えば明らかに人に飼われていたと思われる犬や猫が保護された場合、警察で遺失物として保護されることもあります。ペットが行方不明になったときに警察へ連絡を入れておけば、ペットが遺失物として届けられた段階で警察側が連絡をしてくれるかもしれません。

また、保健所ではペットの迷子届けを受け付けており、保護届けがあるとペットの特徴などを照合した上で連絡をくれることもあります。その他、役所には動物の交通事故に関する情報が入るため、同様に連絡を入れておくとよいでしょう。

近隣の住民に呼びかけする・貼り紙を作成する

特に警戒心の強いペットは家を飛び出しても遠くへは行かず、近隣に身を潜めているケースも少なくありません。そのため、近隣の住民に呼びかけをしておけば、誰かが見つけて保護をしてくれる可能性もあります。

また、人見知りをしないペットの場合、見つけた人がそのままペットとして飼ってしまうというケースもあります。このようなことを防ぐためにもできるだけ近隣に住民には呼びかけをしておいたほうがよいでしょう。呼びかけをする方法としては貼り紙をするのが有効ですが、場合によってはSNSなどを活用してみるのもおすすめです。

葬儀や火葬に限らず、横浜エリアでペットに万が一のことがあった場合は、横浜いのりペット葬儀がお力になります。

ペット葬儀で避けるべき花の種類は?ペット葬儀弔問のマナー

ペットの葬儀には、避けるべき花の種類があります。スムーズにペットを送り出すためにも、葬儀に関するマナーについて理解しておきましょう。どのような花は避けたほうがよいのかについて詳しくご紹介いたします。

トゲのある花には要注意

人間の葬儀で避けられているのと同じく、ペットの葬儀でもかつてはトゲのある花は避けられてきました。しかし近年ではトゲのある花も使われることが増えています。ペットの葬儀ではカラフルで可愛らしい花が好まれる傾向にあるため、バラのようにトゲがあっても可愛らしい花は比較的人気だからです。ただしトゲがあるままの状態で葬儀に持って行くのはおすすめしません。花屋で購入する場合は、トゲを抜いてもらいましょう。ペットの葬儀に持って行く旨を伝えれば、対応してくれるはずです。人間の葬儀と異なり、ペットの葬儀に持って行く花に関して厳しいマナーは求められません。最低限気を付けるべきことに注意すれば、問題なくペットを見送れるでしょう。

造花の場合は一緒に火葬できない可能性がある

造花は火葬できない場合があるので、避けたほうがよいでしょう。紙でできていれば問題ありませんが、中には燃えない材質のものが存在します。葬儀に持って行くお花は、棺に入れて一緒に火葬するケースがほとんどのため、燃えないものは棺に入れられないのです。同じ理由で、おもちゃやお菓子も入れられないものがあります。特にビニールでできたおもちゃや缶のお菓子は燃やすことができません。天国でも遊べるように、おいしいご飯が食べられるようにしたい場合は、燃えるものの中から選びましょう。棺に入れる花は造花でなく、生花にしてください。生花であれば燃やすことができ、気持ちよくペットを送り出せます。花は火葬時に燃やせるものを選ぶのがポイントです。

迷ったら花屋に相談しましょう

ペットの葬儀で避けるべき花の種類としては、造花とトゲのある花が挙げられます。造花ではなく生花を選び、トゲのある花を持って行きたい場合はトゲを抜けば、基本的には好きな花を持って行くことが可能です。ペットに似合う花や思い出の花を選びましょう。どんな花を持って行けばよいかわからない場合は、花屋に相談するのが一番です。オーダーすれば、ペットのイメージに合う花をまとめてもらうこともできます。気になることや迷うことが生じたら花屋に尋ねましょう。
横浜エリアでペットをお見送りする際は横浜いのりペット葬儀にお任せください。横浜いのりペット葬儀は、横浜エリアでペットをお見送りするお手伝いをしております。ペットの葬儀には、避けるべき花の種類があります。スムーズにペットを送り出すためにも、葬儀に関するマナーについて理解しておきましょう。どのような花は避けたほうがよいのかについて詳しくご紹介いたします。

トゲのある花には要注意

人間の葬儀で避けられているのと同じく、ペットの葬儀でもかつてはトゲのある花は避けられてきました。しかし近年ではトゲのある花も使われることが増えています。ペットの葬儀ではカラフルで可愛らしい花が好まれる傾向にあるため、バラのようにトゲがあっても可愛らしい花は比較的人気だからです。ただしトゲがあるままの状態で葬儀に持って行くのはおすすめしません。花屋で購入する場合は、トゲを抜いてもらいましょう。ペットの葬儀に持って行く旨を伝えれば、対応してくれるはずです。人間の葬儀と異なり、ペットの葬儀に持って行く花に関して厳しいマナーは求められません。最低限気を付けるべきことに注意すれば、問題なくペットを見送れるでしょう。

造花の場合は一緒に火葬できない可能性がある

造花は火葬できない場合があるので、避けたほうがよいでしょう。紙でできていれば問題ありませんが、中には燃えない材質のものが存在します。葬儀に持って行くお花は、棺に入れて一緒に火葬するケースがほとんどのため、燃えないものは棺に入れられないのです。同じ理由で、おもちゃやお菓子も入れられないものがあります。特にビニールでできたおもちゃや缶のお菓子は燃やすことができません。天国でも遊べるように、おいしいご飯が食べられるようにしたい場合は、燃えるものの中から選びましょう。棺に入れる花は造花でなく、生花にしてください。生花であれば燃やすことができ、気持ちよくペットを送り出せます。花は火葬時に燃やせるものを選ぶのがポイントです。

迷ったら花屋に相談しましょう

ペットの葬儀で避けるべき花の種類としては、造花とトゲのある花が挙げられます。造花ではなく生花を選び、トゲのある花を持って行きたい場合はトゲを抜けば、基本的には好きな花を持って行くことが可能です。ペットに似合う花や思い出の花を選びましょう。どんな花を持って行けばよいかわからない場合は、花屋に相談するのが一番です。オーダーすれば、ペットのイメージに合う花をまとめてもらうこともできます。気になることや迷うことが生じたら花屋に尋ねましょう。
横浜エリアでペットをお見送りする際は横浜いのりペット葬儀にお任せください。横浜いのりペット葬儀は、横浜エリアでペットをお見送りするお手伝いをしております。

人間の葬儀に持っていく花とペットの葬儀に持っていく花の違い|どのような差があるのか

ペットの葬儀でどのような花を持って行けばよいのか悩まれている方は多いでしょう。ペットの葬儀は人間の葬儀と比べて自由に好きな花を選ぶことができます。人間の葬儀に持って行く花と違う点や人気の花についてご紹介します。

人間の葬儀では大きくて白い花が主流

人間の葬儀では宗教によって供花が異なり、仏式や神式の場合は白い大きな花が主流です。花は菊やユリ、胡蝶蘭を用いることが多いでしょう。白色の花以外に淡いピンクや薄い紫の花を使うこともあります。キリスト教式で用いられるのはユリやカーネーションが多く、菊を用いることはほとんどありません。キリスト教式ではバスケットに花をあしらったバスケットフラワーが主流です。宗教にかかわらず、赤など派手な色をした花はマナー違反とされることが多いので注意してください。特にバラは赤色でトゲもあり、葬儀にはふさわしくないとされています。花の色や種類については、宗教のほか地域や考え方によっても異なるので、花を準備する前によく確認する必要があります。

ペット葬儀で持って行くお花に決まりはない

ペットの葬儀に関しては、持って行くお花に決まりはありません。人間の葬儀とは違うので、ペットに似合う花を持って行くとよいでしょう。ただし避けておいたほうが無難な花はあります。ひとつ目は野原で摘んだ花です。ペットが好きだった思い出の花であっても、野原で摘んだ花には虫がついている可能性が高いため、ペットの遺体が傷んでしまいます。すぐに火葬する場合は問題ありませんが、十分注意しましょう。ふたつ目は開花前の花です。人間の葬儀でもつぼみの状態の花はあまり好まれません。ペットを気持ちよく送り出すためにも、開花している花を用意してください。トゲのある花をペットの葬儀に持って行っても問題ありませんが、トゲはあらかじめとっておきましょう。

可愛らしい花やパステルカラーの花を選ぶ場合が多い

ペットの葬儀に選ばれる人気の花は、カーネーション・チューリップ・ガーベラ・ひまわりなどです。特にカーネーションは人気があります。花言葉が「無垢で深い愛」であることに加えて、いつの時期でも花屋で手に入ることが人気の理由です。人間の葬儀で用いられる白くて大きい花よりも、可愛らしい花やパステルカラーの花が選ばれる傾向にあります。マナーなどの制約はないので、ペットとの思い出の花、イメージに合う花など好きな花を選ぶとよいでしょう。
横浜でペットのお見送りを考えている場合は、横浜いのりペット葬儀にご相談ください。横浜いのりペット葬儀では、横浜で火葬から埋葬までお手伝いしております。ペットの葬儀でどのような花を持って行けばよいのか悩まれている方は多いでしょう。ペットの葬儀は人間の葬儀と比べて自由に好きな花を選ぶことができます。人間の葬儀に持って行く花と違う点や人気の花についてご紹介します。

人間の葬儀では大きくて白い花が主流

人間の葬儀では宗教によって供花が異なり、仏式や神式の場合は白い大きな花が主流です。花は菊やユリ、胡蝶蘭を用いることが多いでしょう。白色の花以外に淡いピンクや薄い紫の花を使うこともあります。キリスト教式で用いられるのはユリやカーネーションが多く、菊を用いることはほとんどありません。キリスト教式ではバスケットに花をあしらったバスケットフラワーが主流です。宗教にかかわらず、赤など派手な色をした花はマナー違反とされることが多いので注意してください。特にバラは赤色でトゲもあり、葬儀にはふさわしくないとされています。花の色や種類については、宗教のほか地域や考え方によっても異なるので、花を準備する前によく確認する必要があります。

ペット葬儀で持って行くお花に決まりはない

ペットの葬儀に関しては、持って行くお花に決まりはありません。人間の葬儀とは違うので、ペットに似合う花を持って行くとよいでしょう。ただし避けておいたほうが無難な花はあります。ひとつ目は野原で摘んだ花です。ペットが好きだった思い出の花であっても、野原で摘んだ花には虫がついている可能性が高いため、ペットの遺体が傷んでしまいます。すぐに火葬する場合は問題ありませんが、十分注意しましょう。ふたつ目は開花前の花です。人間の葬儀でもつぼみの状態の花はあまり好まれません。ペットを気持ちよく送り出すためにも、開花している花を用意してください。トゲのある花をペットの葬儀に持って行っても問題ありませんが、トゲはあらかじめとっておきましょう。

可愛らしい花やパステルカラーの花を選ぶ場合が多い

ペットの葬儀に選ばれる人気の花は、カーネーション・チューリップ・ガーベラ・ひまわりなどです。特にカーネーションは人気があります。花言葉が「無垢で深い愛」であることに加えて、いつの時期でも花屋で手に入ることが人気の理由です。人間の葬儀で用いられる白くて大きい花よりも、可愛らしい花やパステルカラーの花が選ばれる傾向にあります。マナーなどの制約はないので、ペットとの思い出の花、イメージに合う花など好きな花を選ぶとよいでしょう。
横浜でペットのお見送りを考えている場合は、横浜いのりペット葬儀にご相談ください。横浜いのりペット葬儀では、横浜で火葬から埋葬までお手伝いしております。

ペットのお葬式の「お悔やみの花」はどのようなものがおすすめ?

ペットのお葬式に参列する際には「お悔やみの花」を持参したいと思うことでしょう。しかし、どのような種類の花がお悔やみの花として適しているのか分からない方もいるようです。ここでは、そんなお悔やみの花に適した花をご紹介します。

ペットのイメージに合わせて色も選べる「カーネーション」

ペットのお葬式に持参する花として特におすすめなのが「カーネーション」です。カーネーションには色のバリエーションが豊富であるという特徴があり、亡くなったペットのイメージに合ったものを持参するとよいでしょう。

また、カーネーションには色の違いによって花言葉が変わるという特徴もあります。例えば「感謝・温かい心」といった意味があるピンク色のカーネーションや、「清らかな慕情」といった意味があるオレンジ色のカーネーションはお悔やみの花としても適しているといえます。

このほか、カーネーションには年間を通して入手がしやすいというメリットもあり、急にお葬式へ参列しなければならなくなったという場合にも、カーネーションを持参していくのがおすすめです。

可愛らしい花と共に見送れる「チューリップ」

チューリップの可愛らしい見た目はペットのイメージにも合っており、ペットのお葬式に持参する花としても適しているといえます。また、チューリップ全般には「思いやり」という花言葉があるため、悲しみに暮れる飼い主の気持ちに寄り添う意思を示すこともできるでしょう。

一方、チューリップは色のバリエーションも豊富となっており、どの色のものを持参するかもよく考える必要があります。例えば西洋の花言葉で「幸福・優しさ」といった意味を持つピンク色のチューリップや、「純粋」という意味を持つ白いチューリップはお悔やみの花としても適しています。

また、チューリップは色の違いによって印象も大きく異なるため、花言葉より花そのものの見た目を重視して選ぶのもよいでしょう。

前向きな花言葉がある「ガーベラ」

小ぶりで可憐な印象を与えるガーベラもペットのお葬式に持参する花として適しています。このガーベラに関しても色によって花言葉が異なるため、各々の意味をよく理解しておくことが大切です。

例えば「崇高な愛・思いやり」といった意味を持つピンク色のガーベラや、「究極の愛・優しさ」といった意味を持つ黄色のガーベラはお悔やみの花としても適しているといえるでしょう。また、白いガーベラには「純潔・希望」といった意味があり、こちらもまたペットの葬儀に持参する花として適します。

当社では横浜にてペットの葬儀や火葬に関するご相談も承っております。横浜でのペットとのお別れは、横浜いのりペット葬儀にご相談ください。ペットのお葬式に参列する際には「お悔やみの花」を持参したいと思うことでしょう。しかし、どのような種類の花がお悔やみの花として適しているのか分からない方もいるようです。ここでは、そんなお悔やみの花に適した花をご紹介します。

ペットのイメージに合わせて色も選べる「カーネーション」

ペットのお葬式に持参する花として特におすすめなのが「カーネーション」です。カーネーションには色のバリエーションが豊富であるという特徴があり、亡くなったペットのイメージに合ったものを持参するとよいでしょう。

また、カーネーションには色の違いによって花言葉が変わるという特徴もあります。例えば「感謝・温かい心」といった意味があるピンク色のカーネーションや、「清らかな慕情」といった意味があるオレンジ色のカーネーションはお悔やみの花としても適しているといえます。

このほか、カーネーションには年間を通して入手がしやすいというメリットもあり、急にお葬式へ参列しなければならなくなったという場合にも、カーネーションを持参していくのがおすすめです。

可愛らしい花と共に見送れる「チューリップ」

チューリップの可愛らしい見た目はペットのイメージにも合っており、ペットのお葬式に持参する花としても適しているといえます。また、チューリップ全般には「思いやり」という花言葉があるため、悲しみに暮れる飼い主の気持ちに寄り添う意思を示すこともできるでしょう。

一方、チューリップは色のバリエーションも豊富となっており、どの色のものを持参するかもよく考える必要があります。例えば西洋の花言葉で「幸福・優しさ」といった意味を持つピンク色のチューリップや、「純粋」という意味を持つ白いチューリップはお悔やみの花としても適しています。

また、チューリップは色の違いによって印象も大きく異なるため、花言葉より花そのものの見た目を重視して選ぶのもよいでしょう。

前向きな花言葉がある「ガーベラ」

小ぶりで可憐な印象を与えるガーベラもペットのお葬式に持参する花として適しています。このガーベラに関しても色によって花言葉が異なるため、各々の意味をよく理解しておくことが大切です。

例えば「崇高な愛・思いやり」といった意味を持つピンク色のガーベラや、「究極の愛・優しさ」といった意味を持つ黄色のガーベラはお悔やみの花としても適しているといえるでしょう。また、白いガーベラには「純潔・希望」といった意味があり、こちらもまたペットの葬儀に持参する花として適します。

当社では横浜にてペットの葬儀や火葬に関するご相談も承っております。横浜でのペットとのお別れは、横浜いのりペット葬儀にご相談ください。

ペットの葬儀にはどんな花を持って行くべき?お花の選び方のコツ

ペットの葬儀で花を持っていく場合があるでしょう。しかし、どのような種類の花が葬儀に適しているのか分からないという方も多いかもしれません。ここでは、ペットの葬儀で持参する花の選び方について解説いたします。

前向きな意味がある花言葉がある花を選ぶ

葬儀に限らず贈り物用の花を選ぶ際によく考えたいのが「花言葉」です。ペットの葬儀においても前向きな意味合いのある花言葉を持つ花を持参すれば、悲しみに暮れる飼い主の心情を労うことができるでしょう。

例えばピンク色のカーネーションには「あなたを決して忘れません」という花言葉があり、ペットの葬儀に持参する花としても適しているといえます。また、春先に旬を迎えるカキツバタには「幸せは必ず来る」という花言葉があり、こちらを持参すれば飼い主に寄り添う意思を示すことができます。

これらのほか、「優しい思い出」や「別れの言葉」といった意味があるスイートピーや、「しばしの慰め」という意味があるミヤコワスレなどもペットの葬儀に持参する花として適します。

亡くなったペットが好きだった花を選ぶ

亡くなったペットと遊んだり散歩をしたりしたことがある方は、ふとした瞬間にそのペットが特定の花に興味を示したことを覚えているかもしれません。ペットの葬儀では、そのような思い出をもとに亡くなったペットが好きだった花を選び、持参するというのもおすすめです。

また、ペットが好きだった花を覚えていないという場合、そのペットとの思い出に関連した花を持参するというのもよいかもしれません。例えば春先にそのペットと散歩をしたことを覚えているのであれば、春に旬を迎える花を中心に持参する花を選ぶというのもよいでしょう。

ただし、花によっては葬儀の場にふさわしくない花言葉があることも少なくないため、このような方法で持参する花を選ぶ場合、必ず花言葉も調べておくようにしましょう。

飼い主に希望を問うのも一手

ペットの葬儀に参列する際には、何よりも飼い主様の気持ちに寄り添うことが大切です。そのため、持参するのに適した花の種類が分からないという場合には、飼い主に希望を聞いてみるのも一つの方法です。

飼い主様によっては飼い主にしか分からない「思い出の花」だけで葬儀の場を満たしたいという考えを持っているかもしれません。そのようなケースではむしろ飼い主に持参してほしい花の種類を聞いてしまったほうがよいといえます。

当社ではペットの葬儀や火葬に関する相談も承っています。ペットのお見送りについての疑問は横浜いのりペット葬儀にお気軽にご相談ください。

ペットの葬儀で花を持っていく場合があるでしょう。しかし、どのような種類の花が葬儀に適しているのか分からないという方も多いかもしれません。ここでは、ペットの葬儀で持参する花の選び方について解説いたします。

前向きな意味がある花言葉がある花を選ぶ

葬儀に限らず贈り物用の花を選ぶ際によく考えたいのが「花言葉」です。ペットの葬儀においても前向きな意味合いのある花言葉を持つ花を持参すれば、悲しみに暮れる飼い主の心情を労うことができるでしょう。

例えばピンク色のカーネーションには「あなたを決して忘れません」という花言葉があり、ペットの葬儀に持参する花としても適しているといえます。また、春先に旬を迎えるカキツバタには「幸せは必ず来る」という花言葉があり、こちらを持参すれば飼い主に寄り添う意思を示すことができます。

これらのほか、「優しい思い出」や「別れの言葉」といった意味があるスイートピーや、「しばしの慰め」という意味があるミヤコワスレなどもペットの葬儀に持参する花として適します。

亡くなったペットが好きだった花を選ぶ

亡くなったペットと遊んだり散歩をしたりしたことがある方は、ふとした瞬間にそのペットが特定の花に興味を示したことを覚えているかもしれません。ペットの葬儀では、そのような思い出をもとに亡くなったペットが好きだった花を選び、持参するというのもおすすめです。

また、ペットが好きだった花を覚えていないという場合、そのペットとの思い出に関連した花を持参するというのもよいかもしれません。例えば春先にそのペットと散歩をしたことを覚えているのであれば、春に旬を迎える花を中心に持参する花を選ぶというのもよいでしょう。

ただし、花によっては葬儀の場にふさわしくない花言葉があることも少なくないため、このような方法で持参する花を選ぶ場合、必ず花言葉も調べておくようにしましょう。

飼い主に希望を問うのも一手

ペットの葬儀に参列する際には、何よりも飼い主様の気持ちに寄り添うことが大切です。そのため、持参するのに適した花の種類が分からないという場合には、飼い主に希望を聞いてみるのも一つの方法です。

飼い主様によっては飼い主にしか分からない「思い出の花」だけで葬儀の場を満たしたいという考えを持っているかもしれません。そのようなケースではむしろ飼い主に持参してほしい花の種類を聞いてしまったほうがよいといえます。

当社ではペットの葬儀や火葬に関する相談も承っています。ペットのお見送りについての疑問は横浜いのりペット葬儀にお気軽にご相談ください。

忙しい人でも大丈夫!おすすめの手間のかからないペット3選

横浜でなるべく手間をかけずにペットを飼ってみたいと考えている方におすすめの人気ペットをご紹介します。

うさぎ

うさぎはゲージの中で飼うペットで鳴き声はほぼないので静かです。気をつける点はゲージの大きさが身体の大きさの8倍〜10倍ぐらい十分な広さが欲しいです。ただこまめにエサと水を替えてあげれば長く生きてくれます。臭いはペット専用の消臭スプレーなどで消してあげてください。お尻を自分できれいにはできないので拭き取ってあげるといいでしょう。

猫は絶大な人気を誇るペットです。猫をモチーフにした写真やインスタグラムも多いですよね。動画をYou Tubeで検索するとたくさん出てきます。しぐさや鳴き声がかわいいので癒しを求める人に広く愛されています。餌やトイレのお世話をするぐらいの手間で済むので飼いやすく臭いは猫自身が舐めてくれるのでほとんどありません。

フェレット

フェレットはゲージの中で飼う小さい動物です。鳴き声は小さく気にならない程度なので集合住宅でも気兼ねなく飼えます。

横浜で格安な自宅でできる葬儀業者をお探しなら横浜いのりペット葬儀にご相談ください。

一人暮らしでも大丈夫!おすすめの手間のかからないペット3選

横浜でペットは飼ってみたいけど世話をする時間がない。そんな方におすすめのペットをご紹介します。

セキセイインコ

セキセイインコはケージの中などの狭いスペースで飼うことができます。ケージの清掃とエサにに気をつけてあげると長く生きてくれるし病気の心配もあまりないので費用もかかりません。それにセキセイインコは綺麗な色をしているので部屋の中で放し飼いにしても何処いるかが確認できるので迷子になることもないので安心です。

ハリネズミ

ハリネズミは鳴くことがないので近隣の住人に気兼ねなく飼うことができます。人との接触を好まないのでコミュニケーションをとる必要はありません。そして夜行性なので昼間は寝ているので忙しい人にはうってつけのペットではないでしょうか?

チンチラ

チンチラは賢いねずみでケージの中で飼うことができます。警戒心は強いですが日々コミュニケーションをとってあげると人に慣れるので放し飼いで飼うことも可能です。寿命が長く、個体によっては20年以上生きてくれることもあります。横浜ではペットが死んでもキチンと格安で葬儀をしてくれる火葬業者がいます。横浜いのりペット葬儀は無料相談を随時受け付けています。

ペットと一緒に港の近くを散歩できる公園

ペットを飼いはじめたら一緒に散歩できる場所を探そうとインターネットで検索する人は多いと思います。今回は港の近くでペットと散歩できるおすすめの公園3つを紹介します。

臨港パーク

横浜市西区にあり目の前に広がる横浜港を一望できる人気の臨港パークは一年中ペットを連れた人が訪れます。駐車場が完備されているので遠方の人や雨が降った時でも安心です。リールを持ってルールを守ってペットと一緒に散歩しましょう。

山下公園

横浜市中区にある有名な「山下公園」はペットと一緒に散歩ができる人気スポットです。大さん橋や元町•中華街からも歩いていける立地なので大勢の観光客が訪れます。最近ではUber Eats で注文して園内で食べている人を見かける事があります。便利ですね。

港の見える丘公園

横浜市中区にある「港の見える丘公園」はペットと一緒に散歩するにもおすすめです。駐車場もあるので安心ですね。

心に残る葬儀がご希望なら葬儀のプロフェッショナルにお任せください。横浜いのりペット葬儀では無料相談を受け付けています。

横浜でペットと一緒に過ごせる景色のいい公園

ペットと外に出かけて過ごすのは心が癒されますよね。しかし、公園内はペット不可の場所も少なくありません。そこでペットと一緒に過ごすことができる公園をご紹介します。

アメリカ山公園

横浜市中区のみなとみらい線元町•中華街駅の上につくられた立体都市公園が「アメリカ山公園」です。屋上からは横浜の観光名所のベイブリッジやマリンタワー、晴れた日には富士山も見れます。ペットと一緒に散歩ができて水飲み場にはペット専用の場所も確保されています。

野毛山公園

横浜市西区の「野毛山公園」は野毛山動物園のすぐとなりにあり、横浜市の景色を一望できます。こちらからもベイブリッジを見る事ができます。春には桜が一面に咲き観光客に人気のスポットとなっています。ペットと共に過ごした横浜だからこそ信頼のできる火葬業者に任せてください。横浜いのりペット葬儀なら安心、安全。格安で葬儀をお手伝いできます。

横浜でペットと一緒に散歩できるおすすめの公園2選

飼い主とペットが過ごす時間は大切ですよね。横浜にはペットと和やかに過ごせる公園が多数ありますが自然が豊かで良い思い出を作れる公園があるのでご紹介します。

県立四季の森公園

「県立四季の森公園」は緑区にあるJR横浜線中山駅南口から徒歩で15分ほどの場所にある自然を満喫できる公園です。公園の面積は45.3ヘクタールで四季折々の花や生き物を見る事ができ園内には水田、水車小屋、炭焼小屋など里の暮らしを伝える施設やジャンボすべり台、遊具広場、じゃぶじゃぶ池などの施設があるので1日中遊ぶ事ができます。犬を連れて散歩ができるので遠くからくる人も多いです。駐車場は165台と広々しています。

こども自然公園

「こども自然公園」は横浜市旭区にある公園で「大池公園」とも呼ばれています。「万騎が原ちびっこ動物園」や「とりでの森」ではひよこやモルモットに触れたりアスレチックで遊べたりと1日中遊べるおすすめの場所です。「バーベキュー広場」ではペットと一緒にバーベキューを楽しむ事ができます。入場料は無料で利用できます。駐車場は2時間で300円以降は20分ごとに50円です。駅からは遠い場所にあるので車で行きましょう。

横浜で思い出に残る葬儀をするなら横浜いのりペット葬儀が格安でお手伝いします。