ブログ

ペットの葬儀に呼ばれたら|香典の相場や香典代わりに喜ばれるものを知ろう

横浜で親しい方のペットが亡くなり、葬儀に呼ばれた場合、人間の葬儀と同じように香典を持参する必要があるのでしょうか。そのようなケースに遭遇する前に、香典の相場とお香典の代わりに持参したら喜ばれるものを確認しておくことをおすすめします。

ペット葬儀は香典が必須ではない

近年は、ペットの葬儀を執り行う飼い主さんが増えています。家族同様、大切なペットを、心を込めてお見送りしたいという方が少なくありません。ペットの葬儀の場合、比較的身内だけで葬儀を執り行う場合が多いようですが、そのペットと親しかった方や交流があるご近所さんにお声がけする場合もあります。ペットの葬儀に参列する場合、人間の葬儀同様、香典はどうしたらよいか悩まれることもあるでしょう。しかし、一般的にペットの葬儀に香典は必須ではありません。かえってお香典を持参することで、飼い主さんや周囲の方々に気を遣わせてしまう場合もあります。基本的には亡くなったペットを弔うこと、飼い主さんと一緒に心を込めてお見送りすることが大切です。

ペット葬儀の香典の相場

ペットの葬儀にはお香典は必須ではありません。しかしながら、場合によってはお香典を送る(または持参する)必要があることも考えられます。その場合、お香典はいくら包めばいいか悩むでしょう。ここは人間の葬儀と異なり、金額も少し安めです。一般的に、ペットの葬儀の香典は、3,000円が相場とされています。それ以上多い金額を包むと、かえって飼い主さんに気を遣わせてしまうことになるからです。自分のペットの兄弟やとくに飼い主さんとペットと親しい間柄の関係であれば、5,000円くらいを包むケースもあります。あくまでもお香典は送る方の「気持ち」です。飼い主さん、ペットとの関係によって相応しいと思われる金額を包むようにしましょう。

香典以外で持っていくと喜ばれるもの

ペットの葬儀で、お香典以外で持っていくと喜ばれるものとして筆頭にあがるのがお花です。亡くなったペットをイメージするような色合い、飼い主さんが好まれるような花を選んではいかがでしょうか。ご遺体を火葬するとき、お棺の中には入れられない可能性もありますが、生前、ペットが好きだったおもちゃ、おやつやごはんを持参するのも喜ばれます。あまり大きなものだと迷惑になってしまうので、おもちゃだったら小さいもの、食べ物だったら少量にしましょう。大切なのは何を持っていくかではなく、飼い主さんと一緒に、亡くなったペットを弔う気持ち、一緒に悲しんであげることです。これは持っていっていい?お香典はこの金額で大丈夫?と悩んだときは、横浜でのペット葬儀は、横浜いのりペット葬儀へお気軽にご相談ください。