ブログ

ペットのお葬式の「お悔やみの花」はどのようなものがおすすめ?

ペットのお葬式に参列する際には「お悔やみの花」を持参したいと思うことでしょう。しかし、どのような種類の花がお悔やみの花として適しているのか分からない方もいるようです。ここでは、そんなお悔やみの花に適した花をご紹介します。

ペットのイメージに合わせて色も選べる「カーネーション」

ペットのお葬式に持参する花として特におすすめなのが「カーネーション」です。カーネーションには色のバリエーションが豊富であるという特徴があり、亡くなったペットのイメージに合ったものを持参するとよいでしょう。

また、カーネーションには色の違いによって花言葉が変わるという特徴もあります。例えば「感謝・温かい心」といった意味があるピンク色のカーネーションや、「清らかな慕情」といった意味があるオレンジ色のカーネーションはお悔やみの花としても適しているといえます。

このほか、カーネーションには年間を通して入手がしやすいというメリットもあり、急にお葬式へ参列しなければならなくなったという場合にも、カーネーションを持参していくのがおすすめです。

可愛らしい花と共に見送れる「チューリップ」

チューリップの可愛らしい見た目はペットのイメージにも合っており、ペットのお葬式に持参する花としても適しているといえます。また、チューリップ全般には「思いやり」という花言葉があるため、悲しみに暮れる飼い主の気持ちに寄り添う意思を示すこともできるでしょう。

一方、チューリップは色のバリエーションも豊富となっており、どの色のものを持参するかもよく考える必要があります。例えば西洋の花言葉で「幸福・優しさ」といった意味を持つピンク色のチューリップや、「純粋」という意味を持つ白いチューリップはお悔やみの花としても適しています。

また、チューリップは色の違いによって印象も大きく異なるため、花言葉より花そのものの見た目を重視して選ぶのもよいでしょう。

前向きな花言葉がある「ガーベラ」

小ぶりで可憐な印象を与えるガーベラもペットのお葬式に持参する花として適しています。このガーベラに関しても色によって花言葉が異なるため、各々の意味をよく理解しておくことが大切です。

例えば「崇高な愛・思いやり」といった意味を持つピンク色のガーベラや、「究極の愛・優しさ」といった意味を持つ黄色のガーベラはお悔やみの花としても適しているといえるでしょう。また、白いガーベラには「純潔・希望」といった意味があり、こちらもまたペットの葬儀に持参する花として適します。

当社では横浜にてペットの葬儀や火葬に関するご相談も承っております。横浜でのペットとのお別れは、横浜いのりペット葬儀にご相談ください。ペットのお葬式に参列する際には「お悔やみの花」を持参したいと思うことでしょう。しかし、どのような種類の花がお悔やみの花として適しているのか分からない方もいるようです。ここでは、そんなお悔やみの花に適した花をご紹介します。